ベリテック三協 株式会社

 表面処理 ニッケルメッキ クロムメッキ アルマイト バフ研磨 クロメート | ベリテック三協

トップページ»  ブログ記事一覧»  いろいろな雑談。

いろいろな雑談。

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

庭いじり。

みなさまこんにちは!

ようやく梅雨らしい日が続く一方で、涼しい日も多く、気温的には過ごしやすい方ですね。
去年の猛暑を思い出すに、今年はバンザイと言いたいところですが、夏が暑くならないというのは当然いろんな影響があるわけで。
農作物の状況が気になる担当マンです。

当社では今年チームでははじめてとなる園芸を試みております。
善意の個人でお世話をしていただいていた花壇はあったのですが、複数人できっちり取り組んだのは初めてかと思います。
きっかけは花を植えたいとか心が癒しをもとめてる~~とかそういうものではなかったのです。
当社には、とある建物の境界箇所に中途半端な花壇がなぜか昔からあるのですが、
ここに長年タバコの吸い殻や謎のお菓子のごみ(こちらは風で飛んできた可能性も否定できませんが)、
ペットボトルや缶・ビンなどがたまに捨てられておりました。
犯人を特定する気はありませんが、当社の敷地が汚いという状態があることがもう残念でした。

そこで、イタチごっこもどうかと思ったので、いっそ花を植えて堂々と育ててみたらどうだろうと思い、
ひまわりを「表示あり、軽い柵も用意」してきちんと手掛けてみたのです。
するとどうでしょう、ゴミを見ることが無くなったんです。

嬉しいことでした。幸い社員からもせっかくだし花を植えたいという提案があったので実行に弾みがついたのですが、
ヒマワリもきれいに咲き誇り、一同気持ちよく過ごせたものです。
捨てなくなった可能性も高いでしょうし、社員も花を枯らすのを嫌っていつも以上に掃除をまめにしてくれたのかもしれません。

こういった、直接的ではない対応が意外な成果を生み出すことは世の中往々にしてあることだと思います。
今回は小さくやったことなので、そんなに威張ることではないのですが、私たちにとって貴重な一歩だったので、
引き続き花壇をキレイにしていこうと思った、、、ということを決意表明的に記しておきます。



なにせ、担当マン、、、、虫がムリで、腰もヘルニア持ちなもので、生半可な覚悟では持続しない不安があります。。
庭いじりなどしたこともありませんでしたので。持続が大事なので頑張ります。

2019-07-11 17:15:51

コメント(0)

折りたたむ

社員旅行の感想、、、じゃなくありかたについて

みなさまこんにちは!

5月の末からグワッと暑くなり、まだこれで夏前で、かつ梅雨すら来ていないという
恐怖感に駆られながら毎日をお過ごしのことと思います。
去年が猛暑も猛暑、相当な酷暑だっただけに、今年は冷夏を期待してしまうのが人間の勝手なところ。
しかし、また酷暑になるんじゃないの、、、と不安になる経過ですよね。
防暑対策はもちろん、事務仕事が多くて動けない方は防寒対策も必要で、
夏はなかなか一筋縄ではいかないと思いますが、元気にやりましょう。

一方で夏ならではの良い話を。
今日は熱田神宮の花火があります。
名古屋に住んでいる人にとっては、これがあるとわかると夏の訪れ・幕開けを感じるのではないでしょうか?
私の知る限り、浴衣を着て人が群がるような大きなイベントとしてはこれがこの辺の夏初めになるのではないかと思います。
これを経て、みなとまつりを迎えて、長良川や岡崎、おいでん祭りなどを楽しんでいくのが、
名古屋周辺あるあるです。
こういった楽しみがあるのも夏の憎いところで、暑いからと悪口ばかり言ってはいられません。
全力で楽しみましょう!

そんななか、当社は先日神戸へ、社員旅行に出かけてきました。
すっかり全国的には社員旅行というのは減っているようで、若い世代を含め、「めんどくさい」イベントと捉えられることが
多いようです。
語弊があるのを承知の上で言いますと、当社の社員旅行は「勝手にやって」感が結構あります。
このため、若い世代も気軽に楽しみやすいようです。少なくとも私にはそう見えますし、そう聞いています。
もちろん勝手の中にも縛りがありますよ。
行先はみんな同じですし、それに伴う移動もみんな同じバス等を使います。
日帰り旅行の場合は昼食だけは全員そろって、ということが多いですね。
縛りはその程度です。
あとはそれなりのところで好きに自由行動して~~~というツアーが、これまで軒並み多く企画されてきました。
なのでもしこの会社に興味を持たれている方、いましたら、安心してください。
おそらく嫌な思いをすることなく楽しく1日を過ごせると思います。
別に若い世代だけに媚びる必要もないと思いますが、働き方改革で一つの指標とされる2、30代のリアクション。
ここが良好なので、楽しい社員旅行と言って良いのではないか、、、私はそう考えていますね。

そうそう行われるイベントでもないので(いまは大体1年半に1度程度です)、
ある意味、良い感じの区切りにもなるイベントです。

社員旅行というかつて日本で流行し、いまやめんどくさいイベントと言われるようなものでも、長所と短所をきっちり見直すことで、
恒例だからという理由でなく、前向きな理由で続けていければ、
結構面白く出来るものです。

そんな旅レポートでした。

2019-06-05 17:03:35

コメント(0)

折りたたむ

連休あけ。

みなさまおはようございます。

連休明け、気持ちよくスタートされているでしょうか。
当社はおおきな問題なく、はじまりました。

こうも国民が一斉に休むタイミングを決められて果たして本当に楽しいものか疑問でした。
まあいつも疑問を呈しているのですけれども。
一方で我々カレンダー通りに休みが定められている組が、連休に遊んだりできたのは、
サービス業はもちろんのこと、飲料食料をきちんと変わらず出荷できるよう生産し続けたメーカーありきの
ものなので、実際は本当に一斉に休んだわけではないのです。
とはいえ、普段10連休など夢のまた夢と言われる金融機関も一斉に休みだったわけですから、
これまでにないくらいの人の動きが予想される連休でありました。

こういうときの旅、広義で言えば移動(里帰りするだけの人も多いですしね)って本当に
楽しく出来ますか?
いや、言い方が暗いですね。
自己の満足を最大に出来る環境でしょうか?
なぜ私がこのようなことを言うのかと、、実体験から考えたことに基づきます。

・人気店はゴールデンタイムは予約不可。→時間の制約
18時までしか予約できないと聞いたときはガックリきました。18時があるだけマシなとこだと思います。
そんな時間に間に合うようにするためには移動の制約もあることでしょう。
予約できず、着いて並ぶにも尋常じゃない行列だったり。
たとえば今回、静岡の著名ハンバーグ店「さわやか」はなんと数時間待ちが出たとか・・・
チェーン店ですよ?確かに人気で有名でおいしいですけど、、凄いですね。

・人気メニューあるいは工程の多いメニューは不可。→食の制約
せっかく、その店ならでは・その地域ならではの料理が食べたくて寄っているのに、
肝心のそのメニューは用意されていないか売り切れ。
時によっては市場が開いていないから当日仕入でなかったり、大幅に食べれるものが無かったり。

・何をするにも並ぶ→言うまでもなく時間の制約
これは本当に言うまでもないです。移動でも渋滞、旅の目的地でも並んでいたり混雑でゆっくり楽しめず。


こんな状態で、長年行きたかったところに行ったとして、予想以上の体験を得ることなど出来るでしょうか?
並ぶのが楽しみな人だけですよね、そんなの。

また、サービス提供側にもメリットがありません。
需要の集中という問題があります。
集中期は稼働率100%だったとしても、普段は30%以下であるとかいうことも珍しいことではないようです。
著名人の別荘や星野リゾートで有名な軽井沢ですが、
これだけの知名度がある地域でも大きな混雑のタイミングは連休が中心で、
基本的には普段は静かなところであるとか。
いま成長産業である観光の、これ以上の発展を目指すのであれば、需要の分散は必須じゃないでしょうか。
横並びで休むことが一番大きな弊害かと思います。
また当たり前ですけど、サービスを利用する方も、ホテルが高かったりして余計な出費を要します。


せっかくの連休、もっと楽しみたいですよね。
なかなか制度を変えることは簡単ではありませんが、少しずつそういう動きをとる会社も出てきている。
一方で、製造業は製造ラインの都合で、バラバラに休むわけにはいかない。

それぞれの会社でそれぞれの課題があり、その結果としていまだに国民が一斉に休むことで思考を停止しているかもしれませんが、
もっと楽しい休みを送るべく、当社も出来ることが無いか。試行錯誤していきたいと思っています。

2019-05-08 17:14:58

コメント(0)

折りたたむ

考えログ。

みなさまこんにちは!

めっきり冷えましたね。いやむしろこれまでが暖かすぎたので、ようやく冬かという印象です。
今年は紅葉を楽しむ時間をあまりとらず、気づいたら終わっていた担当マンですが、
みなさまはこの独特の色合いの季節を楽しまれたでしょうか?

さいきん、約束を守るということについてよく考えます。
私は長い人生、割とそれを大事に生きてきた方だと自負しているのですが、
社会人になると思ったほど、約束ってきちんと履行されません。
それは公私問わないのです。仕事でも私生活でも、みんな大事にする範囲が狭くなっていくのか、
昔に比べずいぶんいい加減になっていくなあと実感しています。重たいですかね。
拘束力の低い言い方で約束をしてしまった日には、後回しにされるなんてよくあることです。

こういった、人として大事なことって、結構みなさん小学生のころにきちんと教えられているんですよ。
そう、道徳の時間です。確かに今は教育課程としていろいろ議論されていますが、
今オトナである人たちが受けたような道徳の授業では確実に教えられている程度のことなんです。
あの教科書や授業でやったようなこと、本当にきちんと実行して信頼を得ている人って、
思っているより少ないんですよ。別に道徳を神格化していません。そこは別の話です。
でも、「イイ」人の定義って言葉にすれば人それぞれでも、大まかには大体の人が同意を形成できる概念だと思うんですね。
もちろん千差万別の表現があって構いません。でも、本質的なところは結構近くないですか?
試しに周りの人と話し合ってみてはいかがでしょう。
でも、そんな概念にも関わらず「イイ」人って思っているよりいないですよね。

ここが難しいところです。
私はその「イイ」の定義に踏み込むつもりはありませんが、ひとつだけそうだな、と思うことがあります。
約束を守ることです。
小さなことでもいいから約束を守ることを積み重ねた人って抜群の信頼を勝ち得ていませんか?
これ、仕事でも応用できることなんです。
仕事をする→相手がいるということですから、結果的には約束の履行の繰り返しになることが多いです。
仕事をきっちり出来る人の定義の一つに、いつも約束を守るっていうのは入ってても、おそらく納得してもらえると思うんです。

約束をまもること。これをすごくまじめに考えています。
結構難しいなというのが正直なところです。
担当マンの器の小ささゆえかもしれませんが、、、
これを今一度少しずつでも改善していきます。

暮れが近いので、ほかのタイミングより大きなことを考えやすいんでしょうね・・・?

2018-12-10 17:08:47

コメント(0)

折りたたむ

社会見学。

みなさまこんにちは!


本日は当社に学区の小学校の生徒さんたちがたくさん社会見学にみえました!
小学5年生の学習過程で、工業、特に自動車工場について学ぶみたいですね。
かくいう私の子供のころも同じことを学んで、トヨタの工場見学に行っていますしね。
昨年もお越し頂いているので2年連続!たいへんありがたいことです。

じぶんたちの街に、こんな会社があるんだーとこどもなりに興味を持っていただけていたら
本当に幸いです。
こちらも、表面処理という仕事のわかりにくさの都合上、伝え方にはだいぶ工夫をしているのですが、
やはりわかりにくいところがあると思います。
モノそのものを作るのではなく、モノに加工する会社なので、そこがいまいちピンとき辛いでしょう。
その点、人間やロボの手によってドンドン(自分たちもよく知る)クルマが組みあがっていく工程を見れるのは、
後々にも印象を残せるわかりやすい学習になるとは思いますけれども、
工業は奥深いんです!

こどもたちから見たらお姉さん以上の年齢だったかもしれませんが、
当社の若者を中心に対応させていただきましたので、なんだかこちらも若返れたような、
エネルギーをもらえてありがたいことでした。
当社にもその小学校の卒業生は当然在社していますし、
人間、将来どんな縁があってどんな仕事をするかはわからないものです。
だからこそ、社会のおもしろさを少しでも面白く・わかりやすく伝える機会を、
小学校の方々にいただけましたこと、当社を代表してお礼申し上げます。

今後とも、こどもたちにもわかってもらえるような、
こどもたちにとっても将来を感じられるような会社・仕事をしながら、
発展していきます!

2018-11-07 17:26:54

コメント(0)

折りたたむ

ひょうめんしょり。

みなさまこんにちは!

さて、当社はめっきをはじめとした表面処理を生業としております。
表面処理はあらゆる商品等にだいたい施されているもので、
目に入るかどうかで言えば圧倒的に目に入る機会が多い加工だとは思います。
しかし、表面処理という仕事について意識することは稀でしょう。
ふだん、例えば食べるラーメンの器を作っている人を想像したことありますか?
ガードレールをどうやって作ってるか、考えたことありますか?
当たり前のようにあるものについて、どう作られているか、どう表面処理が施されているかなどなかなか意識しないはずです。
それはスマートフォンがどうやって動いているか、ゲームがなんであのように世界を作れるのかとか
いちいち考えないのと変わらないのでそれはしかたないことでしょう。

なのでここであえて、表面処理についておしゃべりしてみたいと思います。
世の中に存在するものは、様々な環境の影響を受けます。
立地、周りの空気そのもの、水まわり・・・
ですからそれを踏まえて、そう簡単に壊れないもの、影響を受けないもの、1日でも長く性能を保つものを
作ろうとするのは自然なことです。
買って、封を開けて、取り出した瞬間にサビがぼろぼろ落ちてくるようなもの、ほしいでしょうか。いらないですよね。
そんな耐久性の家具も置物も服も、、、いらないですよね。

というわけで、元となる素材だけで耐えられない場合、その素材の表面に必ずなにかしらの加工を付与することになります。
一番多いのが、塗装でしょうか。
当たり前に塗られているペンキ等も、色味やデザインだけで使われているわけではないんです。
一日でも長く、その性能・デザインを維持すること。またそもそもそのデザイン自体に貢献すること。
機能性(耐サビ、つまり防食性能も含む)と装飾性。これが表面処理の主な目的です。

機能性と装飾性を求めて、物質の表面になにか加工をすること。
これを表面処理といいます。

こんなところでとりあえず本日はやめておきます。

が、一度表面処理というものについて考えてみる入り口にはなる話かと思います。
別に表面処理に限らず、製造業に身を置く者としては、ものごとのなりたちというものに定期的に思いを馳せてもらえると、
とても嬉しいですね。

2018-11-02 18:30:18

コメント(0)

折りたたむ

悩みや壁とのぶつかりかた。

みなさまこんにちは!

とうとうユニクロのエアリズムともお別れの時が来たようです、、、出退勤時の気温に耐えがたくなってきましたね。
とはいえちょうどいい下着もないので、すぐヒートテックに移行したのですが、よくないですね。
これで冬が来たらどうするんだろ、、、と毎年言ってる気がします。


さて、今日は担当マンの悩みについて。
担当マンは結構悩みがちで、物事が解決するまでひたすら考え抜くタイプです。
それで得をしてきたこともあるし、損、、、(の方が多い気もします)してきたこともあります。
ですからあえてその気質を変えようとは思っていないところもありますが、
とにかく悩みやすいタイプなんです。
悩みはなにも、心が揺れ動く思春期特有のものではなく、
いくつになろうと、形を変えて死ぬまで存在するものだと思います。

その悩みとの向き合い方が千差万別なんです。
正解、、は言い過ぎにしても、良い解決法だな、といつも思うのは、
「気にしない」!ということです。
たいていがなんとかなるしたいしたことがないので悩んでも仕方ない、という考え方ですね。
ズボラやいい加減と紙一重なのですが、マインドセットとしてはこれ以上ないほどストレスフリーでしょう。
こうなりたいと思うので工夫はしますが、なかなかそうはいきません。

しかし。
考えすぎても物事は何も進まないし解決には向かわないこと、
余計なストレスこそがすべての人間にとって万病の元、というのが事実と言ってしまってもいいでしょう。

そこまで考えたうえでも私は今のところ、悩みに向き合い最後まで考え続けて、
いつも必ず自分なりの答えを用意し終わってからしまっておく。場合によってはすぐ行動に移す、というタイプであり続けてきました。
考えた結果、考える必要もないほどたいしたことにならなかったこともた~~~~くさんありました。
なので、とりあえず今はこの考えすぎな性格を上手に会社・仕事に活かすほうが、
素直な力の向け方かなあ、と思っています。


いろんな考え方があります。
別にどういう生き方でも個性として持てていればそれでいいと思うんです。
ただ、それぞれの持ち味が仕事に活きないと、もったいないですよね。

仕事は誰かの役に立つこと。仕事は誰かとつながること。
仕事は人生のたくさんの時間をささげること。
だったら、その仕事が良いものになるよう、それぞれで工夫して生きていった方が良いと思いませんか?

流して仕事する(そのようなものはサギョウと言ってしまってもいいかもしれません)ことほど、
もったいない人生の過ごし方はないはずです。



う~~~~ん、こんなブログも、また考えすぎの一環といえましょうが、
これが担当マンらしさだと言い訳しておきながら、今日も筆を置くとします。

2018-10-31 16:44:40

コメント(0)

折りたたむ

ある社員のランチ事情。

みなさまこんにちは!

今日は以前ちらっと言ったタイ料理について語りたいと思います。
金山に限らず、探そうと思えば意外にあるのがアジア料理店ですが、
私は何を隠そう、アジア料理が大好物です。
特にタイ料理。もう、嫌なものがないといってもいいくらい、いろいろ好きです。
カオマンガイ、トムヤムクン、パッタイ、チャーハン・・・
代表的なものの名前を書いているだけでもよだれが出てきます。

そんな私のお気に入りの店が、「東桜パクチー」というところです。

つい最近、金山に進出してきたんですねこれが。
東桜パクチーとしては3店舗目。
それにまさか金山がチョイスされるなんてなんて嬉しいことでしょう。
というわけで定期的にランチに出かけています。場所は好きな方は調べてみてください。
ここのこだわりは、料理はもちろんですが、まず内装。
タイに行ったことがある身からすると納得なのですが、実に現地風。
現地の路上店の雰囲気やちょっとして料理屋の雰囲気・家具を上手に再現しています。
もちろん店の手入れは日本人受けがいいよう、細部に気を配られています。
(汚いとすぐクレームが出てくる国ですから)

調理人がタイ人なのは珍しくもないですが、3店舗きちんと味が統一されているのもいいところ。
アジア料理って、店舗が増えると味にばらつきが出るのが実態だったりすることは、
行ったことある人ならわかっていただけるかと思いますが、
ここはちゃんと統一されています。
そして生春巻きに始まり各料理、特にサラダシリーズのおいしいこと!
草好きにはたまりません。

もちろん店名にもある通り、パクチーは遠慮なくついています。
結局、タイ料理やベトナム料理などはパクチーのあり・ナシでイケるかどうか決まっちゃうところもあります。
ただ、それだけで店に行くのをあきらめて欲しくない!
空心菜炒めとかパッタイ(タイ焼きそば)やチャーハンなどたいていの店にはパクチーが一切関与していない料理があります。
当たり前ですけど、日本人が何にでもわさびやネギをかけたりしないのと同じですよね。

というわけで、みなさん、イメージ先行で食わず嫌いをするのでなく、
ぜひ最寄りの「東桜パクチー」へ行ってみてはいかがでしょう?
夜はだいぶ盛り上がってますよ~

どこの会社のブログかわからない内容になってしまいました。。

2018-10-23 17:52:22

コメント(0)

折りたたむ

会社について思ったこと。

みなさまこんにちは。

会社の、継続性というものについてよく考えます。
現代は基本的に資本主義です。
様々な政体があって、必ずしも理念通りに世界中すべて同じような資本主義というわけではないのですが、
おしなべて資本主義が行き渡っていると考えていいでしょう。
ということは、市場の力が大きいわけです。
原則、需要があるものは価格が上がり供給が増え、供給が増えればいつかは飽和してまた価格が下がり、、、
需給のバランスで世の中のおおまかな価値が決まっています。

それを踏まえて会社の継続というものに目を向けますと、
要は市場に必要とされていない会社は淘汰され、良い会社が残っていくのが資本主義らしい展開かと思います。
現実には様々な政体があるということと、様々な国際間の約束事や法律で、必ずしも自然に任せた資本主義ではないので、
残る会社=いい会社とは言えませんが、
傾向としては良い会社は残っていくものです。
良い会社がどういうものかは、時代時代に各経営者たちが思い描いては挑戦し続けてきた課題でもあるのですが、
それはさておき。
会社が残っていくためには、良い会社として世の中に必要とされることも、大事な条件であるということです。

そう、世の中に必要とされ続けるために頑張ることって当たり前のようでとても難しいことなのです。

この会社が継続していくためには、世の中に必要とされる会社であるべき。
当社は基本的にBtoB、つまり対企業で商売させていただいています。
世の中にある様々な会社にとって必要であるべきという話になるわけです。

それってどういうことなんだ?なにをすれば達成されるのか?
毎日どうしたらいい?

こういうことがすべての業務の基本的な哲学?として横たわっているわけです。
どんな仕事でもこれらの考えがしっかりした自分の軸としてあるかないかで、
アウトプットされるものの質がぐっと変わる。
また、そのそれぞれに考えた軸を経営者という中心になる軸と合わせて一つの方向としてまとめることで、
会社としてとても勢いが出るはず、、、だとも思います。
そういうわけでこうしたことを考えることは、経営者だけの仕事ではなく、
企業で働く人、あるいは企業じゃないカタチで働く人も含めて、大事な価値を持つはずです。

日々、私なりにではありますが、世の中の役に立とう、必要とされる会社であろうと考えながら働いています。

黙って指示通りに働くだけでは、いずれAIに仕事を奪われてしまう日がもう目前です。
がむしゃらに、答えなどない問いではありますが、世の中の役に立てるよう日々考え続け、
また時代に合わせて柔軟に形態を進化させながら当社も私も邁進していきます。

2018-10-19 14:47:43

コメント(0)

折りたたむ

定期ランチネタ。

みなさまこんにちは!

今週になって衣替えに向かわざるを得ない最高気温になり、ようやく秋かと一安心。
冬は冬で体調を壊しやすかったり、ウイルスが蔓延したりして悪いことが多いのですが、
個人的には寒い方が好きです。

さてそんなありきたりな天候の話はさておき。
定期的に今までも書いていました、金山のごはん事情。
これがなかなか、順調に私好みになりつつあるので、びっくりしています。

まず金山自体、再開発状態と言って差し支えない状況かと思います。
駅から当社に向かう下り坂はすっかり居酒屋通り。
次から次へとお店が出来て、昼より夜の方が明るいくらいの盛り上がりですよね。
また、聞いた話ですけど、駅前のあの大きなパチンコ屋跡地に、ドンキが入店するとかなんとか。
このような感じで、ここ10年で見たこともないくらいの大きな転換が、金山で起こっています。

個人的に嬉しかったのが、タイ料理と蕎麦。
特に蕎麦ですが、車で行けばすぐ近くにある「春風荘」といえば昔からある老舗の名店。
蕎麦好きの私にとってこれに並びたつほど行きたいと思える店がなかったのが金山。
ところが、ちょっと前に、駅と当社の間の区域に、「手打ちそば 大地」というお店がオープンしました。
かれこれ2か月程度前だと思うのですが、蕎麦好きとしては見逃せないと思い、食べに行ったんですね。
すると12時台にも関わらず蕎麦がもうない、と入店を断られる始末。
これに飢餓感を煽られた私は、再訪を誓い、先日とうとう向かうことが出来ました。
・・・蕎麦そのものが、とてもおいしい。食べ応えのある蕎麦です。
もはやツユいらない、と思うほど。
こういう蕎麦は名古屋では「黒帯」がすぐ思いつきます。味のある蕎麦。
まさか会社の近くにこのような面白いお店ができるとは・・・。
また、お値段も春風荘よりはるかに安く済みます。ランチセットもお得です。
ぜひ、みなさんにも行ってほしい。そして、ぜひ、せいろそばを召し上がってもらいたい!

この感動の熱いうちに、ひとまずブログをしたためておこうと慌てて書き始めた次第です。
蕎麦には目がありません。社員の皆さんにもぜひ僕にお気に入りのソバ屋の情報を突き付けて欲しいなぁ・・・

2018-10-16 18:25:06

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5