ベリテック三協 株式会社

 表面処理 ニッケルメッキ クロムメッキ アルマイト バフ研磨 クロメート | ベリテック三協

20年後。

20年後。

みなさまこんにちは!

暑かったり涼しかったり、毎日天気予報を見てないと服が決められないですね!
私もあいにくのどが痛くて起きたりしてしまい、季節に振り回されているなあと感じるこの頃です。

さて、今日の通勤中の出来事です。
それなりにかっこいいクルマを目で追っている小学生を見かけました。
完全に釘付けで、首がクルマの動きに合わせてついていっているのを見て、思わず微笑みました。
将来有望です。

あくまで主観の話になることは百も承知でこの先を書きますが、、、
このところEVのニューモデルの発表が相次いでいます。
それらすべて、何を見ても、革新性もカッコよさもいまいち感じられないんですよね。
むしろ先行して発売しているBMWのi3の方が、かっこいいかどうかはともかく、きちんとEVらしさを追求しているように感じました。
未来を見せよう、電気っぽさを見せようというデザイン意思を各社プレスリリースからも感じ取れるのですが、
既存のクルマの枠をはみ出ない中で、制約ばかり感じるんですよね。
おまけに官能性という魅力については、音の面で不利です。
ガソリンエンジンを高回転まで回すあの音的な魅力に勝るものはないとは思います。
今後、EVという概念がきちんと固まり、ガソリンエンジン車とは違う革新的なデザインをもう少し追求すれば
流れは変わるのかもしれませんが、
ここ最近のEVがこどもたちにとって今、魅力的なのかどうかはぜひ知りたいところです。
将来EVが普及したころに車に乗るのが今の子供たちだと思うので、
そのとき、乗りたいクルマが現在のクルマだったら。つまり、その将来にはヴィンテージカーになっているクルマばかりでは、
とても寂しいですよね。

個人的には、すでに懐古気味で、おっさんくさくなってきている自覚もあるのですが、
やはりクルマは一昔前のほうが、ワクワクするものが多いと思っています。
とはいえ、今後の自動車業界もどうなっていくかわからないからこそ、面白く、楽しみでもあります。
個人で所有するのはいまのところガソリンエンジンであり続ける気もしますが、
そんな志向もEVのデザインや走りの美味しさで、変わるかもしれませんし、
どーなるかわからない!ですね。

何が言いたいやら迷走気味ですが、
こどもがワクワクするクルマが生み出され続けることが望みです、という話です。
ふつーのクルマで、最近良いデザインを安定してつくってるなあ、と思うのはやはりベンツとポルシェですかね。
趣味嗜好の話なので賛否両論あっていいと思います。
みなさん、車のデザイン、もっと意識してみませんか?最高に面白いですよ。

2018-10-05 18:10:05

いろいろな雑談。   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント